歴史小説の魅力詰まった短編集「軍師の境遇」(松本清張著)

投稿者:

松本清張著の歴史小説短編集「軍師の境遇」は、表題作のほか、「逃亡者」「板元画譜」の計3編から成り立っています。

 メイン小説の「軍師の境遇」は、数年前、大河ドラマでも取り上げられ、アイドルの岡田准一さんが主役として演じた戦国時代の希代の軍師、黒田官兵衛を描いた作品です。清張らしく、読みやすくテンポの良い筆運びで、ストーリーにはぐいぐい引き込まれます。

 黒田官兵衛の家は、初めは姫路の小さな国衆でした。近隣を治める小寺政職に仕えていましたが、これがまったく優柔不断な殿様。当時、小寺氏は大国織田と毛利に挟まれた小国で、どっちにつくべきか常に悩みに悩んでいました。

 そこで聡明な官兵衛が主導して織田氏へ近づけようとするのですが、まさかの味方の裏切りに会い、何年も地下牢へ監禁されてしまいます。苦難の末脱出し、その後豊臣秀吉の軍師として数々の名声を挙げ、大国の大名に出世していきます。大河ドラマでもこの通りにストーリーが踏襲されましたので、ドラマのシーンが目に浮かぶ方もおられるでしょう。

 二作目の「逃亡者」も同じく戦国時代が舞台です。実在した鉄砲の名手でもある武将の生涯を描き、「抜群の才能だけが世間に愛され、人物は愛されなかった男の悲哀」がテーマとなっています。細川忠興とガラシャ夫人の確執、異常な夫婦関係と悲劇も並行して展開します。

 2作品とも、ある程度作者の解釈や脚色は加えてあるものの、史実にも記載のある部分も多く盛り込まれています。私にとっては、歴史小説の魅力の入り口へいざなってくれた思い出深い作品です。