大探検時代の博物学者たち

ピーター・レイビー著 河出書房新書 本書はチャールズ・ダーウィン、ウォレス、スプルースといった19世紀、ヴィクトリア朝時代のイギリスの学者、探検家らが未開の地、彼らに、そして欧州にとって「輝ける楽園」とされた世界各地の辺境(アフリカ奥地、アマゾン、マレー諸島など)を踏破し、調査し、記録しようと取り組んだ様子を、一人一人に焦点を当てて紹介する内容になっています。 私は別に理系でも、特段博物学や生物学が好きなわけでもありませんが、普通に面白く、考えさせられる内容の一冊です。歴史的に見ればイギリスはじめ西洋諸国... Read More

Continue reading