モンキームーンの輝く夜に

投稿者:

ラオスという国を知っていますか?これは、大阪生まれの旅人、たかのてるこさんがラオスで1人旅をした時のことを書いた本です。
現地の市場で偶然出会った、サル顔のラオス人。最初はまとわりついてくる彼をうざがる著者ですが、一緒に行動するうちに、少しずつ惹かれていきます。まさか?なんでこの人?という戸惑う感情がありながらも、止められない想い。
両者のピュアな気持ちが強く伝わってきて、読んでいてきゅん…☆とした気持ちになります。

ラオスという国を舞台に繰り広げられる、恋愛冒険話。現地の人たちとの交流や、のんびりとした町や村の様子も丁寧に描写されているので、行ったことがなくても、ラオスがいかに素朴であたたかい国かということがわかります。
全体を通して関西弁で書かれている文章は、テンポがよく、読んでいてとても気持ちがいいです。
読みながら、1人で何回も大笑いをしてしまいました。泣いたり笑ったり、色々な感情を楽しめる1冊です。
世界中を旅するのが好きな人、恋愛真っ最中の人、ピュアな気持ちを思い出したい人にオススメです!2人の恋の行方は…?「お先、真っ白」という本にその後のエピソード書かれています。気になる方はぜひ読んでみてください!