「自由にいこう!男着物」の感想

投稿者:

鴨志田直樹さんの「自由にいこう!男着物」を読みました。
着物に興味が出てきたため、試しに買ってみたのですが、思っていたよりもいい本でした。
ページ数も少なく文字数も少ない本ですが、それが良いポイントです。
この程度の厚み、文字量であれば、読書習慣のない人でもすらすらと最後まで読むことができます。
著者の着物姿のカラー写真がふんだんに使われており、図鑑のようにも楽しめます。
さて、内容に対する感想です。
これから着物を始めたいと思っている男性にお勧めできます。
なぜなら、内容がこれでもかというほど簡潔にまとまっているからです。
わたしが着物を始める際、まずインターネットで着物のルールや決まりごとについて調べました。
しかし、インターネットでは人によって言ってることがバラバラで、余計に着物のルールに関して混乱することとなりました。
そんな中、本著と出会いました。内容はごくシンプルに書いてあり、ルールやしきたりについて混乱することもありません。
さらに実際に著者の着物の生活が垣間見えるため、「人目を気にせず着物を着てもいいんだ」と勇気を与えてくれます。
着物のルールは人によって言ってることがバラバラなのでややこしいです。
それが着物を普段着ではなく特別な服にしているような気もします。
しかし、この本は、着物を着るときの指針の一つになり得ます。つまり、ルールについて迷った時、どうやって着物を着ればいいのかわからなくなったときの教科書ような本でした。