ぼぎわんが、来る

ホラー小説好きな私が、タイトルに胸を刺されて購入した1冊です。「ぼぎわん」という、まったく意味が分からない不気味な響きの言葉、「来る」との間が読点で区切られているところも空恐ろしく、「一体何が来るのだろう?」とわくわくしてしまいました。 「幼少期の主人公が硝子格子越しに見た、人ならざるモノ」の回想からスタートするところも非常に魅力的で、純・和ホラーな趣があり、ゾクゾクさせられます。 さて、このまま登場人物たちは、意味の分からない怪異にいいようにされ続けるのか…と思いきや、そうはならないのが本作の意外なとこ... Read More

Continue reading