歴史小説の魅力詰まった短編集「軍師の境遇」(松本清張著)

松本清張著の歴史小説短編集「軍師の境遇」は、表題作のほか、「逃亡者」「板元画譜」の計3編から成り立っています。  メイン小説の「軍師の境遇」は、数年前、大河ドラマでも取り上げられ、アイドルの岡田准一さんが主役として演じた戦国時代の希代の軍師、黒田官兵衛を描いた作品です。清張らしく、読みやすくテンポの良い筆運びで、ストーリーにはぐいぐい引き込まれます。  黒田官兵衛の家は、初めは姫路の小さな国衆でした。近隣を治める小寺政職に仕えていましたが、これがまったく優柔不断な殿様。当時、小寺氏は大国織田と毛利に挟まれ... Read More

Continue reading