風刺小説「帰ってきたヒトラー」は現代への毒々しい警告か

 ドイツの現代風刺小説「帰ってきたヒトラー」(ティムール・ヴェルメシュ著)は、ドイツのほか世界40カ国で翻訳されたベストセラーで、映画化もされましたので、ご存じの方は多いかもしれません。ドイツらしい、非常にブラックな皮肉がたっぷりと込められたコミカルなストーリーです。  ただ、ヒトラーやナチズム、人種や民族問題を風刺の対象としていますので、題材的には賛否の議論があるかもしれません。実際、映画の批評では「容認できない。まったく笑えない」といった厳しい意見も聞かれました。  しかし私は、こうした皮肉を許すドイ... Read More

続きを読む »