時を越えたラブストーリー「楽園」

「リング」で有名な、鈴木光司先生の小説です。 引き裂かれた男女が、時代と距離を越えて、再会する物語。 三つの章に分かれており、一章は古代モンゴルが舞台。 ある部族の青年ボグドは、伝説の赤い鹿を射止めたことで英雄になり、愛する少女ファヤウを妻とします。 ところが、禁じられていた行為……ファヤウの姿を壁に描いたことがきっかけで、他部族の男に襲撃され、妻を奪われてしまいます。 敵を必死で追うも、返り討ちに遭い、筏で遠くへ流されてしまうボグド。 遠く離れた妻と娘に再会することを望み、ひたすらに追うボグド。 夫との... Read More

続きを読む »