「自由にいこう!男着物」の感想

鴨志田直樹さんの「自由にいこう!男着物」を読みました。 着物に興味が出てきたため、試しに買ってみたのですが、思っていたよりもいい本でした。 ページ数も少なく文字数も少ない本ですが、それが良いポイントです。 この程度の厚み、文字量であれば、読書習慣のない人でもすらすらと最後まで読むことができます。 著者の着物姿のカラー写真がふんだんに使われており、図鑑のようにも楽しめます。 さて、内容に対する感想です。 これから着物を始めたいと思っている男性にお勧めできます。 なぜなら、内容がこれでもかというほど簡潔にまと... Read More

続きを読む »

ムーミン谷の彗星 ヤンソン

誰もが知っているであろうムーミンのストーリー。個性的で魅力的な登場人物たち、「ムーミン谷」の世界感・・・巷にはグッズがあふれ、特に女性陣に人気となっています。広い世代の人たちが、アニメにも親しんだことでしょう。 とはいえムーミンシリーズは、立派な文学作品でもあります。作者のヤンソンは戦中から活動をはじめ、戦後を代表するスウェーデンが誇る世界的な画家・作家の一人でもあり、ムーミンのストーリーや挿絵の画風も歴史にかなりの影響を受けていると思います。  さて、ムーミン谷の彗星のストーリーは相当有名だと思いますが... Read More

続きを読む »

大探検時代の博物学者たち

ピーター・レイビー著 河出書房新書 本書はチャールズ・ダーウィン、ウォレス、スプルースといった19世紀、ヴィクトリア朝時代のイギリスの学者、探検家らが未開の地、彼らに、そして欧州にとって「輝ける楽園」とされた世界各地の辺境(アフリカ奥地、アマゾン、マレー諸島など)を踏破し、調査し、記録しようと取り組んだ様子を、一人一人に焦点を当てて紹介する内容になっています。 私は別に理系でも、特段博物学や生物学が好きなわけでもありませんが、普通に面白く、考えさせられる内容の一冊です。歴史的に見ればイギリスはじめ西洋諸国... Read More

続きを読む »